大阪・堺の印染 のれん


ちょっと覗いて見たくなるそんな暖簾・・・

大阪堺で古くから作り続けられている印染のれん。
職人によって丁寧に染められ、発色の良い味わいある染物に仕上がります。
暖簾(のれん)は遠くからでもはっきり見えることが大切。
印染のれんは染め抜かれた文字が遠くからでもしっかり見えます。

のれんのタイプは日除け暖簾、店舗用暖簾、間仕切りや内のれんに合う招き猫柄の暖簾があります。
日除け暖簾(のれん)は店舗の日除けとして、またお店の顔としてお使いください。
店舗用暖簾(のれん)は寿司・焼き鳥などお店の商品にぴったり合った暖簾を探してください。
かわいい招き猫柄の暖簾(のれん)もお店の雰囲気をしっかり盛り上げます。

印染(しるしぞめ・いんせん)とは?

印染(しるしぞめ、いんせん)とは、中国の“印花染色(『図案を染める』という意味)”という四字成句から生まれた言葉です。 日本では屋号や家紋を染め抜いた染めものを“印染”と呼んでいます。 商人が栄え、印染の暖簾が店の看板、目印として使われる日本独自の染物として定着していった江戸時代、 この“印染”という言葉も広く知られるようになりました。 現在もその伝統は引き継がれ、暖簾や半纏に印染を見ることができます。 機械ではなく職人の手で一枚一枚丁寧に染め上げられ、 生地にしっかりと染め抜かれた模様は、力強く趣があります。

  • 【日除けのれん】

    店先の日除けに。麻と綿の二つの生地があります。

  • 【招き猫柄のれん】

    招き猫の描かれた暖簾です。内のれんにいいサイズ。縦型・横型があります。

  • 【店舗用のれん(大)〜寿し・麺類・魚がし・居酒屋〜】

    店舗用の暖簾です。寿司のれん・麺類のれん・魚がしのれん・居酒屋のれんがあります。

  • 【店舗用のれん(小)〜焼とり・焼きそば・おでん〜】

    店舗用の暖簾です。焼とり暖簾・焼そば暖簾・おでん暖簾があります。

  • 【デザインのれん】

    オリジナルのデザイン暖簾です。なでしこ柄やパンダ柄と色々な種類があります。

吸い取るタイル引き戸クローザー手ぬぐい生地